手仕舞いをするタイミングは極めて重要である。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■ 手仕舞いをするタイミングは極めて重要である。
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

建て玉をして、ある程度、利益が乗ったら
利食い時を探らなければいけない!

手仕舞いをするタイミングは極めて
重要である。

なぜなら、あまり長く持ち過ぎれば
評価益であったはずの建て玉の利益が
吹き飛んで、儲かるはずの取引で逆に
損失になってしまうことは、いくらでも
あるからです。

買い持ちした株が値を上げれば上げるほど
値動きが激しくなり、大幅な評価益も
一転して評価損になるのには時間が
かからない!

株が上昇する限り買い持ちしていた方が
利益が増えるが、いつまでも上昇を
続ける株はない!

株は天井を打ったら下げは早いので、
最後の最後まで取ろうと欲張っては
いけない!

株を買う前に、利食いの方法を決めて
おかなければいけない。

例えば、
高値から5%下げたら。
出来高が減少したら。
トレイリング・ストップを設定する。
(相場状況に応じて変化させる逆指値注文)
上昇のスピードが鈍ったら。

など、いろいろあると思います。

利食い千人力とも言いますね。

FX取引会社の選び方・FX初心者に適した取引業者とは?

FX初心者のためのFX口座開設入門ガイド

Direction225・大口の投資ファンドも導入するプロの手法




〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■ 追っかけ(おっかけ)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

値段が動いてから、あわてて
そのトレンドに乗るために
玉を建てること。

トレンドに乗る、つまり「上げ相場で買う」
「下げ相場では売る(カラ売り)」のが
利益を出すための大切なイメージであり、
この基本はたとえ順張り戦略でも
逆張りでも同じである
(タイミングがちがうだけ)。

「追っかけ」というと、「順張りで乗る」
というよりも、「自らの基本とする
タイミングより遅れてしまったが、
とりあえず乗ることを優先して
玉を入れてしまう」という
否定的な感じになる。


相場は追っかけるものではなく、迎え撃つ
ものである。

絶好のタイミングを、今か今かと待って、
そのタイミングでバーンと仕掛けるのが
よい!!

追っかけでは、戦略が後手、後手に回って
しまいうまくいかないことが多い。

追っかけをするぐらいなら、一回見送って
次のチャンスに仕掛けた方がよいかもしれない!?

しかし、逆張りをいつも仕掛けようとすると、
失敗する可能性が高いので注意を要する。


FX初心者が口座開設するのに適したFX取引業者

FX初心者は、どこのFX取引会社がお勧めですか?
タグ:手仕舞い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。