CFD取引は、FXや通常の株取引とは違い、 国内外の個別株や株式指数、債券、コモディティなど複数の市場において

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

CFDとは、【Contract For Difference】の
略語で、差金決済取引というものです。

このCFD取引は、FXや通常の株取引とは違い、
国内外の個別株や株式指数、債券、
コモディティなど複数の市場において
取引を行う事が可能なのです。

CFDは、世界中の市場を1つの口座で、
何回でも制限無く、24時間リアルタイムに
取引を可能にしたのです。

現在、日本では、まだ、あまり知名度が低い
CFD【差金決済取引】ですが、欧米、
特にヨーロッパでは、全金融商品取引の
約40%のシェアを占めていると言われています。

近々、日本でもFX以上に、メジャーな投資取引
となるのは確実でしょう。

また、CFDは海外20カ国、3000銘柄以上の
取引ができるという大きなメリットがあります。

人気となる前に、今からはじめておくのが
これからの資産運用には、大きなアドバンス
となるでしょう。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

CFD取引は、元々、機関投資家だけが取引する
ことができた商品でした。

ところが、2000年に個人投資家への提供が
始まったことで、現在、世界70カ国以上の
投資家に取引され、急成長している金融商品です。

既に、ヨーロッパを中心とした海外投資家の
間では、メジャーな投資商品になっています。

日本では、2005年に初めて個人投資家に
CFDの提供をしたのが、ひまわり証券でした。

ひまわり証券

http://tiger.invest14.net/himawaricfd.html


★☆CFD取引の特徴とは?☆★

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■1つの口座で全てOK!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

豊富な取引銘柄CFD取引の最大の特徴として、
1つの口座を開けば、アメリカ・イギリス・
ドイツ・フランス・日本など
いろいろな国の個別銘柄を売買することができます。

【現物株CFD】

日本はもちろん、世界の株を取引でき、
今注目の中国株やベトナム株にもチャレンジ
できます。

【指数CFD】

日経225やNYダウ・ウォール街の株価指数など、
先進国の代表的な株価指数売買が可能です。

【債券CFD】

日本国債やアメリカ国債など、世界の投資信託や
海外ETFなどの銘柄が豊富に取引できます。

【コモディティ(商品先物)CFD】

原油や金などの貴金属や、とうもろこし・
大豆などの穀物など豊かな
バリエーションの商品を取引することができます。

CFD業者によっては、4000銘柄以上を扱っている
所もありますので、FXや通常の株取引などと
違って、投資の幅が広がります。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■少ない資金で大きな取引が可能!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

CFD取引は、レバレッジをかけて取引が
できるので、少ない資金からでも
大きな取引が可能です。

各CFD業者によってレバレッジの設定は
変わりますが、2〜200倍の取引が出来ます。

効率の良い資産運用が可能で、資金の少ない
CFD初心者も気軽に始める事ができます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■下降市場でも利益が!?空売りも可能!
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

売りからでも買いからでも取引が出来る
証券CFD取引。

つまり、通常の現物株とは違い、
価格が下がっている時にも
利益のチャンスがある【空売り】が可能なのです。

空売りとは、下降市場時に売りポジションを
建てて、より価値が下がった時点で
買い取引ポジションを決済する事で
その差額が利益になる取引です。

取引コストが安い通常の株取引と比べると、
CFD取引コストは更に安くなっています。

取引手数料は、各CFD業者・銘柄などによって
変わってきますが、 取引手数料0円で設定している
CFD業者も増えてきました。

手数料に関しては、これからCFD取引が
国内でブレイクしていくによって、
どんどん下がってくると予想されます。

また、国内の銘柄も海外の銘柄も、
証拠金率は取引金額の1割程度から
取引がはじめられる。

少ない資金で取引をはじめられるのは、
CFD初心者にとっても始めやすい金融商品ですね。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■限月なし・ほぼ24時間リアルタイム取引
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

CFD取引では、「商品先物取引」や「先物指数取引」に
つきものの【限月】がありません。

通常の商品先物取引では煩わしい思いを
したであろう?

「○月までにポジションを決済する」という、
限月がCFDでは不要ですので、いつまでも
ポジションを保持できます。

CFD取引は自由な取引といえるでしょう。

そして、証券取引所が空いている時間しか
取引ができない株式と違い、
CFD取引は、ほぼ24時間いつでも取引ができる。

日本の市場が閉まった夜中でも取引が出来ることも
大きな魅力です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓






海外株の取引ができる!CFDなら下降市場でも株式取引

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。