オプション取引(おぷしょんとりひき)とは?

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
■ オプション取引(おぷしょんとりひき)
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

デリバティブ(金融派生商品)の一種。

市場の特定の銘柄について、
期限と価格を決め、その価格
(権利行使価格)を超えた場合、
超えた分だけ買い方が利益を受け取り、
売り方が負担する(コール)、
あるいは、その価格を下回った場合に
下回った分だけ買い方が利益を受け取り、
売り方が負担する(プット)ことになる。


FXを、始めようと思います。何から始めればいいのか?

FX口座開設選びの重要性とは?

「コール・オプション=買う権利」
「プット・オプション=売る権利」
と説明されることが多いが、
どうもピンと来る言葉とは思えない。

先物から「価格変動の可能性」だけを
抽出したものであり、似ているようだが、
一般的な「手付け」とはかなり違うもの
と認識したほうが、誤解がないだろう。


 オプションは、保険や博打と本質的に
同じだが、決められた条件を満たす
事象が起こるか起こらないか、
という線引きではなく、
決められた価格(権利行使価格)を
いくら超えたか(コールの場合)、
あるいは、いくら下回ったか
(プットの場合)によって授受される。

金額が違ってくる上に、対象となる
事象そのものが取引所で規格化された
価格変動商品であり、
投資家は保険契約者(買い方)にも
保険会社の立場(売り方)にも自由に
なることができる点で、大きく違っている。

FXの取引業者選びは「取引コスト」を見て選択すればいいの?

FXのスキャルピング・トレードに適したFX会社とは?


コールでもプットでも、買い方は
一定のオプション料
(プレミアム、市場で決まる)を
支払って無限の利益の可能性を持ち、
売り方はオプション料を受け取ること
で無限の損失の可能性を持つことになる。

このため、

「買い方=損失限定、利益無限」
「売り方=損失無限、利益限定」

という説明がなされることがあるが、
こういう理解は危険である。

たしかに金額的にはその通りだが、
オプション料は実体よりも割高であり、
権利行使価格に到達し、
さらにオプション料の分上回る
(下回る)ことで利益トントンに
なるのだから、

「買い方=損失額は限定だが
極めて高い確率で損をする」

「売り方=利益額は限定だが、
極めて高い確率で利益となる」
という説明が正しいと思う。

FXとは何か?FX初心者の疑問に優しく回答

FX(外国為替証拠金取引)の魅力とは?

 このような特殊な性格の取引であるため、
「コールの買い方とプットの売り方=強気」
「コールの売り方とプットの買い方=弱気」
という単純な考え方は成り立たない。

あくまでも、「売り方になるか買い方になるか」
という立場の違いと売買法のよって
さまざまなことが決まってくることになる。

 オプションは少額で取引が可能なため、
リスクを承知で買い方に回る投機家、
手持ちの玉のヘッジ(ツナギ)
として適当なオプションを買う投資家、
大きく変動したときのリスクを抱えながら
割高なオプション料を取っていく
売り方などが複雑にからみ合い、

また、違う権利行使価格、
プット・コールの別などを
うまく組み合わせる合成の手法も用いられ、
背景は非常に複雑なものとなる。

FX(外国為替証拠金取引)は少ない資金で大きく稼げる商品です。

FXは極めて投資効率がよい金融商品である!

しかし、基本的な存在意義としては、
先物と同じく
「ヘッジの機会を提供し、
市場規模の拡大と公正で
円滑な価格形成を促進する」ものである。

 身近な金融商品でオプションが
利用されているものは転換社債
(CB)とワラントである。

転換社債は普通社債(SB)に
「株を取得するコール・オプションが
ついており、株の取得時には
転換社債の額面を払い込みに充当できる」
というものである。

コール・オプションのプレミアムとして、
社債の金利が安く設定されている。

ワラントはコール・オプション
そのものといっていい。

しかし、どちらも、投資家は
オプションの買い方にしか
なることができず、
売り方は常に発行企業となる。

FX投資で少ない資金から魅力的な不労所得を生む出す方法とは?

FX取引業者の選び方・FX取引業者比較

トレイダーズFX 口座開設の評判 口コミ レビュー

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。